web analytics
tech venture business » Posts for tag 'Strategy'

スタートアップの成功はTシャツから

おしゃれな日本の皆さんにとってはちょっと不思議かもしれませんが、当地スタートアップでは、基本のスタイルはTシャツです。(特にエンジニアの方々)

何の変哲もないものや卒業した大学のものから、小ジャレたメッセージ性の高いものまで様々ですが、スーツやビジネスカジュアルに反して、Tシャツで仕事に行けるというのは、まあ自由なスタートアップカルチャーの一部なわけです。

で、そのTシャツですが、「自社Tシャツを作ることが実はすごく重要」という話を最近読んだので紹介します。LinkedInなどを経てきたAdam Nashはブログで5つの理由を述べてます。以下要点を抜粋して、コメントを付します。

1.Empowerment (エンパワーメント)

Giving out t-shirts tells your employees, implicitly, that you get it.  You hire only the best, and the best can wear whatever they want.  It says you know that you value merit over appearance; a working prototype over an MBA.

会社が社員の優秀さを評価しており「見た目より実」な価値観を共有している、ということを暗に示すことができる。

2. Incentives (インセンティブ)

Let me just tell you, free t-shirts evoke some sort of primal response at a high tech company.  …..

You’d be shocked at what a $200 per person per year budget for t-shirts will do for employee morale comparatively.

同様の額のものを現金や他の物であげると返ってマイナスなこともあるが、Tシャツはとにかく喜ばれる。一人につき年間$200のTシャツ予算が従業員のモラルに与える影響は計り知れない。

3. Tribal Cohesion(同族の結束)

It may sound subversive, but t-shirts can provide many of the same benefits of camaraderie and tribal cohesion that uniforms did, without the top-down oppression.

制服には自由には相容れないが仲間意識を与える利点があるのは確か。Tシャツは(色やデザインなどバリエーションがあるので)押し付けの制服にはならず、その良い点を享受できる。

4. Tenure Based Seniority (在職期間による序列)

High tech companies are largely meritocratic, and as they grow they tend to define roles based on skills & experience rather than “time at the company”.  However, there are positive aspects to rewarding those who have “bled for the company” over the years, and put their hearts and souls into building the business.  T-Shirts, in an innocuous way, implicitly do this by almost always becoming “limited editions”.

基本的に実力主義でポジションは年数に関係ないが、時に厳しい立ち上げの時期から支えてきた古株に敬意を示すのは良いことだ。それはTシャツを機会ごとに「限定」でつくることで、暗に達成できる。例えば今では数百人の規模に成長したが、数年前のVersion 1.oローンチを記念したTシャツはそれを牽引した10人しか持っていない。それは新入りには羨望に値するもので、古株はプライドを感じる。

5. Branding (ブランディング)

While being careful not to interfere with the uniqueness of shirts given to employees, make shirts for your developers, your fans, your early adopters.  Long before they become vocal advocates for your brand, they will gladly showcase it if you let them.

自社や自社製品が好きな人たちは、何の制限もかけなければ、頼まないでも自社を勝手に宣伝してくれるありがたい存在だ。Tシャツをあげれば、喜んで各所で着て宣伝してくれる。上記4の理由から社員用のものとは別のものにする必要があるが、外向けのTシャツもガンガン作るべし。

どうでしょう。Tシャツをつくるコストは低いですが、その恩恵はかなりのもの。皆が着たくなるようなデザイン、色彩にすることで、その効果は更にアップします。会社のロゴが入った1パターンのものではなくて、限定品でたくさんつくる、というのは確かに良いですね。

スタートアップには良いチーム・組織作りが欠かせません。デザインや質にはちょっと手間もお金もかけて、欲しいと思われるものを様々な機会限定やチーム限定で作ってみるのは、すぐに実行できるなかなか良いアイディアなのではないでしょうか。ぜひお試しあれ。

では今日はこの辺で。

 

 

 

Amazonのマネージメント考

どうも。暫くあいてしまいましたが気を取り直して…  さてさて、ここアメリカではサンクスギビング(感謝祭)明けの今週からクリスマス商戦が始まるわけですが、色々見ていて上手いなーと思うのは、Amazon。

もう起業から17年経つのに、常に挑戦していて新しみがあって、すごく戦略的だと思います。いやー、Jeff Bezosは偉大です。

最近のFortuneで彼の特集があったのですが、普段あまり語られないマネージメントの話しがあり、非常に興味深かったです。

例えば、幹部ミーティングではパワーポイントは禁止で、Narrativeと呼ばれる6ページくらいの書面に落とす必要があるのだそうです。会議の冒頭で、まず各々がその資料をメモをとりながら黙々と熟読し、その上で議論するとのこと。文章にすることの理由は、そのほうが難しいから。きちんと考えつくさないと、そのぐらいの量の文章をしっかり書くことは不可能だからなのだそうです。確かに、箇条書きやチャートで、後は口頭説明に頼るスライド形式だと、詰めも甘く様々な解釈の余地がありますよね。なお、わざわざミーティングで黙読するのは、グループとして行うことで熟読を強いられるからだそうです。

もう一つ意外だったのは、Amazonにはいわゆる(インセンティブ)成果報酬は無いそうです。給与レベルも他社に比べて著しく低いとのこと。但しチームを報いないわけでは全くなく、その分は株で補われます。努力して会社の業績が上がればその見返りがある、という分かりやすい形で皆を一方向に向わせるんですね。給与のレベルが低く、最近のスタートアップで見られるような3食付などの福利厚生もないので、Amazonで働くモチベーションは、そこで面白いことが出来るから、に尽きるようです。

この規模になって「面白いことができる」という魅力で人材をとれるのはすごいことだと思いますが、このような体系が可能なのは、Amazonがシアトルにあるという物理的な要因もあるのではないかと思います。転職・取り合いの多いシリコンバレーではなかなか難しかもしれません。

前にも触れましたが、Amazonはお客様に如何に安く提供するかを考えている会社なので、その実現にはもちろんコスト面は倹約である必要があります。が、このような仕組みや考え方を一貫して行うには、トップがカルチャーとして牽引して実行する以外には多分無理なのだろうと思います。もちろん会社の成長ステージによって再考することはたくさん出てきますが、コアのカルチャーはかなり初期から意識してつくる必要があるので、スタートアップでも注意が必要です。

というわけで、今ではスタートアップの面影が薄いAmazonですが、起業家・経営者として参考になることもたくさんあると思いますので、興味のある方はぜひ色々探ってみてください。