web analytics
tech venture business » Posts for tag 'How-To'

「イースターエッグ」マーケティングとは

イースターエッグってご存知でしょうか。もともとは復活祭(イースター)でゆで卵にペイントしたり絵を描いたりして、それを色々なところに隠して子供達が見つけたりするお祝い事のことを指しています。では、製品開発或いはマーケティング用語としてはどうでしょうか?

これは卵探しと同様に、製品の機能をわざと隠しておいてユーザーに見つけさせて、バイラルで話題にさせるテクニックを意味します。

ゲーム業界ではかなり昔からこの技は使われていました。必ずしも「マーケティング」を狙ったものではなかったかもしれませんが、「どこをつつくとボーナスアイテムが獲得できる」みたいな話しは、子供(大人もかもw)同士ではかなり重要な話題であり、誰がそういう秘密を見つけるかというのもかなり競争をあおったという思い出があるのではないでしょうか。

現在ではそれがゲームを超え、コンシューマー向け製品・サービスにかなり組み込まれることが増えました。例えば、Siriが出たころなんかは、多少意地悪な質問に対する面白い回答はかなりネタになりましたし、Googleで画面がすごいことになる隠れ検索ワード(do a barrel roll)が話題になったこともありましたよね。最近ではSnapchatなんかは、フィルター加工の隠れ機能等、このマーケティング手法を上手に使っていると定評があります。

この技は製品・サービスが既にある程度のエンゲージメントがあったり、そうでなければよっぽど斬新でないと中々期待通りの効果はでないという面はあるのですが、試してみる価値はあると思います。

隠れてる、でも見つけられる、且つ見つけて楽しく、人に伝えたくなる、というラインはかなり微妙で、他の例や試行錯誤が必要になると思います。これは製品・サービスそのものの性質やUXにもよるでしょうが、上手くやるにはかなり考えて実行する必要がありそうです。

が、ちょっとアドホックでもしかしたらできるのかなと思ったのが、例えばアプリで新しいフィーチャーを加えるとして、でもUIを一新しない限りそこへのナビゲーションが遠くて説明がまどろっこしくなる、ということが予想される場合、それを敢えてイースターエッグとしてしまう、というのはどうなんでしょう。まあケースバイケースでしょうが。

もし経験談などあれば、ぜひ。

では今日はこの辺で。

 

 

 

 

 

シリコンバレープログラマー養成講座

先日別件でリサーチしていたところ、近頃プログラマーの短期集中養成講座っぽいものがごろごろと登場していたことが発覚しましたw。オンライン系ではここ数年盛り上がりを見せていたのは知っていたのですが、実地でしかもちゃんと就職できる、みたいなスクールがこんなにあるとは…。全米いろいろあるのですが以下、サンフランシスコ・シリコンバレーのものをいくつか紹介します。

1.Hack Reactor

サンフランシスコで12週間の集中講座。朝9時から夜8時まで週6日バリバリやるそうです。コース開催は7週間毎。お値段は$17,780。インストラクターはGoogleとかTwitterとかOKcupid出身なのだそう。コース終了後の就職サポートもありで、卒業生の98%が現在プログラマーとして働き、平均1000万円台の給料を得ている、との好成績。

2.Hack Bright Academy

サンフランシスコで10週間の集中講座。朝10時から夜6時まで、月ー金。女性のみ。お値段は$12,000。卒業後パートナー企業に採用された場合は、$3,000のリファンドあり。パートナー企業は Facebook、Twitter、Pinterest、SurveyMonkey、Eventbriteなどなど。

3.Dev Bootcamp

9週間の集中講座。サンフランシスコとシカゴ。課されたビデオや本や教材で自習して、スクールではグループで実際に手を動かすのが主。Ruby on Railsにフォーカス。全くの初心者でもOKとのこと。お値段は$12,200。卒業後パートナー企業に採用された場合は、$3,000のリファンドあり。

4. App Academy

12週間の集中講座。サンフランシスコとニューヨーク。Ruby on RailsとJavaScriptにフォーカス。初心者もOK。お値段はなんと無料!!!卒業後就職できた場合にのみ支払う仕組み。その場合は初年度年俸の18%。パートナー企業に就職した場合は$5,000のリファンドあり。卒業生の95%が内定しているか既に働いているかで、年俸は平均$91,000とのこと。

 

どれも結果重視で、ちゃんと結果だしてるみたいですね。すごいな。この結果だったら費用はかなりお得感ありですな。Max12週間だったら、日本からでもビザウェーバーで可能かも。でも職探しをするからグレーですかね…。

私なんかは今更ですが、若い時にあったらやってみたかったな~。海外から来てもネットワークもできるし、どこもプログラミングだけでなく就職可能なソフトなスキル(プレゼントか面接とか)も磨いてくれるみたいなので、シリコンバレーでのキャリアを検討している人には良いんじゃないでしょうか。興味のある方は是非詳細を見てみてください。

では今日はこの辺で。