web analytics
tech venture business » Posts for tag 'Data'

USにおけるiOSアプリ市場の全容

度々ふれているアプリについてですが、膨大な数があって埋もれがちというのは誰もが感じますが、実際の数値については意外に情報がないんですよね。

そこで全容をざっくり把握するには地道に調べて積み上げるしかないかなと思っていた矢先、ずばりそれをやってくれた記事が昨日ありました。興味がある方もいらっしゃると思うので、ここでサマリーを紹介しますね。

US App Storeの2013年5月時点数値

  • 総アプリ数:760,000強
  • アプリ売値合計額:$1.13 million (アプストア上の全てのアプリを購入するには1億円以上必要ということになります)

以下、カテゴリー別の数値です。なお、複数カテゴリーで登録している場合でも、プライマリーのカテゴリーにだけカウントされています。

予想通りですが、ゲームが圧倒的に多いですね。数の次点はエンターテイメントだと推測してましたが、教育・学習でした。この分野は有料アプリの値段もそこそこ取れるので、売値総額では最大となっています。一方、アプリの平均単価が高いのは、メディカルとビジネス、まあこれは妥当な線でしょうね。まあ、あくまでも平均ですが。

アプリ数、有料・無料の割合という観点から見たのが次のチャート。

半々くらいなものが多いなか、ビジネスやニュース、ファイナンス、ソーシャルネットワーキングは有料率がかなり高いですね。ソーシャルで有料が多いのは、デート系が多く含まれているからでしょうね。

ではカテゴリー別の実際のダウンロード数やレベニューはどうかというと、データは異なるのですが、App Annieのものが参考になるかと思います。(こちらはグローバル、2013年第一四半期のみをもとにしています)

こう見ると、ProductivityとSocial Networkingのカテゴリーでは総数は少ないけれども売上げはよいので、良いもの作ってきっちりマーケティングすれば、神業マーケティングやとんでもなくラッキーな状況がなくても、競争できそうな雰囲気ですね。

 

どうでしょう。全容といいつつ、GigaOMのデータはアプリ内購入について全く加味してませんし、App Annieのレベニューデータにそれが入っているかは確認できてませんが、まあ、ざっくり規模感を見るには、よいデータなのではないかと思います。

最近は法人向けやハードにトレンドがシフトしてきている感がありますが、アプリだけで生きられるのは、まあ、かなり限られるかと。ちなみに、リンクにあるApp AnnieのデータによるとiOSのマーケットは日本がUSに次ぎ2番で、USと日本でほぼ50%を占めるそうです。参考まで。

では今日はこの辺で。

 

iOSアプリとAndroidアプリのユーザー定着率

皆さんの中にもアプリ開発に携わっている方がいらっしゃると思いますが、まだ新しい市場ですし、競争も激しく、ビジネスにするのは中々大変ですよね。今日はiOSアプリとAndroidアプリについて有用な数値を見たので、内容をシェアします。(オリジナルはこちら

これはアプリのアナリティックスを提供するLocalyticsによるもので、6千万のデバイスにおいて2010年と2011年の同時期9ヶ月に渡って集計した結果を比較しています。要点は、この2年を比較すると、アプリをダウンロードしてから10回以上使う定着ユーザーの割合が向上し、1度しか使わない人の割合が減っている、ということ。それから、iOSとAndroidで比較すると、iOSアプリの方がAndroidアプリよりもリテンションが50%高いということです。

  

アプリはダウンロードしても簡単に削除できますし、ダウンロードしたことすら忘れてしまったりするので、離脱・休眠はかなりの課題となっていますよね。が、この調査によると、2010年時点では1度だけ使用して離脱・休眠する人の割合と11回以上使用した定着層の割合が同じだったのに比べて、2011年では定着に傾いたそうです。

この要因として、一つはアプリ開発側がダウンロード数よりもユーザーの維持とそのLTV向上に力を入れるべくシフトしていること、二つにはアプリの質がかなり向上していること、そして3つにはユーザーの側でもアプリとの付き合い方が上手くなってきていて明確な目的で選別してダウンロードしている、ということがあげられています。

なぜiOSの方がリテンションが高いかについては深い考察が記されてないのですが、要因としてiPhone自体のリテンションが高いことが上げられています。他にも、iOSユーザーの特性(別の記事によるとiOSユーザーの方がアプリダウンロード率が高いようです)も絡むでしょうし、また開発側もiOS先行で作っているなどの理由もあるでしょうね。

参照した2つの記事中には、他にも有用な数値がいくつか出ていたのでまとめて記します。

  • 1スマートフォン上の平均アプリ数は32から41へと向上。(by Nielsen)
  • スマートフォンでのインターネット使用はアプリ経由が73%から81%へと向上し、より圧倒的になってきている (by Nielsen)
  • iPhone自体のリテンション率は94%と非常に高い。一方Androidは47%にとどまる。(by Piper Jaffray)
  • iOSユーザーでアプリをダウンロードする人の割合は88%。Androidでは74%。(by Nielsen)

有料アプリの場合はダウンロード数が多いに越したことはないですが、アプリ内課金や広告などのモデルの場合は特に、定着を増やしLTVを上げることが必要になりますよね。全体として定着率が上がる傾向にあるとはいえ、それでも20%-25%のユーザーはダウンロード後1回限りでいなくなってしまい、離脱・休眠のカーブ自体はあまり変らないということを前提にして、如何に残りの75%の内多くに残ってもらうかということを、製品及びマーケティングの観点から考えて実行することが重要だと思います。

では今日はこの辺で。