web analytics
tech venture business » Posts in 'シリコンバレー進出' category

エンジニア獲得のあの手この手

シリコンバレーではエンジニアが神様だという話は、皆さん聞いたことがあると思います。

もちろんエンジニアと一括りにするのは極めて乱暴ではあるのですが、応じて、一般的に報酬は結構なものです。確か給料の平均は1000万円くらいですが、その他ボーナスや当たれば大きいストックオプション、諸々の「福利厚生」を含めるとかなりのものです。

GoogleやFacebook、Twitterの類の会社のいわゆるスタープレーヤーになると、破格になるわけで、10億円、さらには20億円プレーヤーもいらっしゃいまする(純粋な給料だけなら数千万円単位ですが)。なんかもうプロスポーツみたいですね。

そんなわけでタレント獲得・つなぎとめはかなり競争が激しく、ここ数年「福利厚生」はかなり膨張した感があります。

例えば、よく知られる朝昼晩のグルメな食事付きだけでなく、自分好みのコンピューターやモニターといった仕事道具を指定できたり、というのは小さなスタートアップでもデフォルトに近いくらいになりました。

更には昨日読んだ記事によると、経験豊富で優秀なエンジニアの要望に応えるため、ドラムスタジオのレンタルは結構需要が高く、テスラ(セダンの方ですが)のレンタカーを1年供給したりなんかもあるそうです。引き手数多の優秀クラスだと、何が何でも、という具合。

一方普通クラスのエンジニア獲得にも相当力が入るようで、同記事によると、面接などで会社を訪問させる際には「より和気藹々に見えるように」ステージングするところもあるとか。ステージングというのは、モデルルームとかでおしゃれなカスタムサイズの家具や花をセットアップすることで印象を良くするアレで、この場合は、社員をその時間にわざとビリヤードさせたり、設置したバーで談笑させたり、ということのよう。

こういう見せ掛けのものは正直どうかと思いますけど、多分見る方はちゃんと見ていて、それでいてそんな「獲得したいという姿勢」が嬉しくてYesという場合もあるかもしれないですね。

というわけで、あいかわらず浮かれ気分のシリコンバレーですが、もう少しこの波は続きそうな感じです。

では今日はこの辺で。

 

 

 

 

USにおけるiOSアプリ市場の全容

度々ふれているアプリについてですが、膨大な数があって埋もれがちというのは誰もが感じますが、実際の数値については意外に情報がないんですよね。

そこで全容をざっくり把握するには地道に調べて積み上げるしかないかなと思っていた矢先、ずばりそれをやってくれた記事が昨日ありました。興味がある方もいらっしゃると思うので、ここでサマリーを紹介しますね。

US App Storeの2013年5月時点数値

  • 総アプリ数:760,000強
  • アプリ売値合計額:$1.13 million (アプストア上の全てのアプリを購入するには1億円以上必要ということになります)

以下、カテゴリー別の数値です。なお、複数カテゴリーで登録している場合でも、プライマリーのカテゴリーにだけカウントされています。

予想通りですが、ゲームが圧倒的に多いですね。数の次点はエンターテイメントだと推測してましたが、教育・学習でした。この分野は有料アプリの値段もそこそこ取れるので、売値総額では最大となっています。一方、アプリの平均単価が高いのは、メディカルとビジネス、まあこれは妥当な線でしょうね。まあ、あくまでも平均ですが。

アプリ数、有料・無料の割合という観点から見たのが次のチャート。

半々くらいなものが多いなか、ビジネスやニュース、ファイナンス、ソーシャルネットワーキングは有料率がかなり高いですね。ソーシャルで有料が多いのは、デート系が多く含まれているからでしょうね。

ではカテゴリー別の実際のダウンロード数やレベニューはどうかというと、データは異なるのですが、App Annieのものが参考になるかと思います。(こちらはグローバル、2013年第一四半期のみをもとにしています)

こう見ると、ProductivityとSocial Networkingのカテゴリーでは総数は少ないけれども売上げはよいので、良いもの作ってきっちりマーケティングすれば、神業マーケティングやとんでもなくラッキーな状況がなくても、競争できそうな雰囲気ですね。

 

どうでしょう。全容といいつつ、GigaOMのデータはアプリ内購入について全く加味してませんし、App Annieのレベニューデータにそれが入っているかは確認できてませんが、まあ、ざっくり規模感を見るには、よいデータなのではないかと思います。

最近は法人向けやハードにトレンドがシフトしてきている感がありますが、アプリだけで生きられるのは、まあ、かなり限られるかと。ちなみに、リンクにあるApp AnnieのデータによるとiOSのマーケットは日本がUSに次ぎ2番で、USと日本でほぼ50%を占めるそうです。参考まで。

では今日はこの辺で。