web analytics
tech venture business » Page '役職が組織からなくなる日'

役職が組織からなくなる日

明けましておめでとうございます。今年も1年どうぞお付き合いくださいな。

更新を怠っている間に妙に流入が多いと思ったら、スタートアップのCFOが読むべきブログまとめに入れて頂いたようで…ありがとうございます!組織・資金調達に分類されていたので、今年は組織の話からスタートしましょう。

オンライン靴屋のZapposは、徹底したカスタマーサービスや楽しいカルチャーで知られていますが、今年は組織構成についても面白い取り組みを始めるようです。いわば自制組織のHolacracyという仕組みを取り入れ、一般的な意味でのマネージャーを無くし、2014年中には全社でロールアウトし(少なくとも社内的には)あらゆる役職をなくしてしまう計画とのこと。

このHolacracyはBrian Robertsonという人が提唱している方法論で、従来のトップダウンまたはボトムアップといった予め決められたヒエラルキーに沿った組織ではなく、会社が必要とするタスクに応じて自制のサークル(チーム)を結集するというもの。結構複雑なんですが、私の理解するところでは、アジャイル時代のプロジェクトベースのマネージメントってところでしょうか。

サークル(チーム)を構成したりリードしたりは発生するので、マネージャーが役職として無くなるにしても、そういうロール(役割)をする人はいるわけで、それほどフラットではないような気がしますが、それでも業績をマネージすることとスタッフのキャリアをマネージするということが分離されるのは良いかもしれませんね。でも、給与体系とかはどうなるんでしょうねー。

こういう考え方自体は様々な呼ばれ方で多分20年以上前からあることなんだと思います。思い返せば、私が大学卒業後就職したコンサルティング会社は、通常属するチームというものがなくて、プロジェクトベースで結集される仕組みだったんですが、大きな組織では効果的に機能しているとは言えないと思いました。特に最初の頃は知り合いも少ないので、いわば社内リクルーターである人事の人に連絡を取り合って常に社内でレジュメもって売り込んでなきゃいけない、という状況でしたし、その後も同じリーダーが誘ってくれるプロジェクトが必ずしも自分の方向性とあっているかというと、そうとも言えず…。もう少しできるレベルになっていれば活用の仕方もあったとは思いますが、若輩者には難しかったですね、実際。

まあ、ここで言っているタスクとかサークルというのはもっと小規模なんだと思いますが、インプリがどうなるか、興味津々です。実はこのHolacracyを既に採用しているところには、Blogger/Odeo/Twitter共同創業者であるEvan Williamsの新しいスタートアップ、Mediumがあります。スタートアップだと、こういう一定の能力の人からなる組織におけるアジャイルな方法、というのは結構ありだと思いますが、今のZapposの規模は1500人。ここまでスケールできるのか、というのが面白いところ。

いずれにしても、Evan WilliamsとTony Hsiehのご両人が関心を寄せている組織論、というのは只者ではないはず。これから追随するところも増えてくるのではないでしょうか。注目しておきましょう。

では今日はこの辺で。

 

 

 

 

 

Leave a comment

XHTML - You can use:<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>