web analytics
tech venture business » Page '誰でも学べる1時間プログラミング'

誰でも学べる1時間プログラミング

今週はComputer Science Education Weekといって、子供達にコンピューターサイエンスに触れさせ、興味を持ってもらうというプログラムがアメリカ各地で行われています。毎年行われていますが、今年はCode.orgという組織がドライブしてHour of Codeというムーブメントを展開しています。

これは、業界を問わず様々なことがコンピューター/ソフトウェアで行われる時代に、老若男女誰でもが、その仕組み、つまりプログラミングについて、ちょっとでも触れ知識を持つことが重要だとし、1時間のコーディング体験を提供するものです。

主体のCode.orgが提供するのは、動画とゲームを組み合わせた1時間弱の実践オンライン講座で、インストラクションをするのは、かのBill GatesやMark Zuckerberg。モチベーショナルビデオには業界を超えてNBAプレーヤーやWill.i.amなども登場し、なかなか豪華。レッスンにはAngry birdsやPlants vs. Zombiesといったゲームを活用し、迷路の中を歩かせることからはじめ、徐々にループやIfを使って応用ができることを示します。

私もやってみましたが、非常にわかりやすく、面白くできていました。このレッスンではコードを実際に書かせるわけではなく、Googleのblocklyというビジュアルエディターを活用していわば概念をドラッグ&ドロップで組むのですが(解答を見る際に、コードを表示というリンクをクリックするとJavaScriptでの表記が確認できます)、これは個別のプログラミング言語を学ばずに大枠のコンセプトで学べるという点でとても効果的だと思いました。また人気のゲームキャラを使って、自分でコードを組みそれがすぐ画面に反映されるというのは、やはりとてもキャッチーで良いと思います。私が大学ではじめてコンピューターを習った際にはUnixでHello worldからはじめたと記憶してますが(う、年齢ばれるかw)、自分が普段使っているようなアプリ等との関連が見えるような親近感がありビジュアルにもすぐれているほうが、やっぱりとっつき易いと感じます。

もちろんたった一時間でプログラミングができるようになるわけではないですが、あくまでも興味をもつきっかけ作りには良くできています。サイトではBeyond One Hourとして、その先にできる各種講座も用意されていて(無料)、いづれも楽しそうです。また、このHour of CodeはCode.orgだけでなく、賛同する団体や個人が多数、アプリやオンライン講座、学校や地域各所でのレッスンを提供していますので、興味・レベルに応じて多くのチョイスがあります。

もちろんプログラミング経験が全くない文系の方には特にお勧めなのですが、既に関連業界にいらっしゃる方にとっても、「素人に複雑なことを説明するにはどうすれば良いか」という点でとても参考になると思いますので、ぜひ小一時間割いて頂けると良いかと。また、各種の講座を眺めるだけでも、たった一時間でこれほどのことが伝えられるのか、と感心することも多々あるので、検索してみると良いと思います。

ほんと今の時代は無料でいろんなことが学べるようになったなーと感慨深く思う一方で、こういうことを著名人とかくっつけてガツンとムーブメントにもっていくというのはアメリカの強みだなーと思ったりします。

では今日はこの辺で。

 

Leave a comment

XHTML - You can use:<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>