web analytics
tech venture business » Page '最初のお客さん'

最初のお客さん

「初心を忘るべからず」とはよく言われることですが、最初にお金を払ってくれたお客さんについて、みんなどのくらい覚えているんでしょうね。B2BかB2Cか、セールスサイクルの長さや価格帯によっても重みは違うでしょうが、スタートアップのファウンダーにとっては色々な記憶と一緒に頭の片隅にしまわれているのではないかと思います。

先日またまたQuoraで見たのですが、あのAmazonの一番最初の顧客とその人が買った本は何か、というスレッドがあり、ちょっと感激してしまいました。

最初のオーダーは1995年の4月3日でJohn Wainwrightさんという方が、Fluid Concepts and Creative Analogiesというコンピューターの技術書を買ったとのことなんですが、そのやりとりが絶妙。

Amazon社員が事実を挙げ、さらに実はオフィスキャンパスには第一号であるWainwrightさんの名がつけられたビルがあることを公表。そこにQuoraで本件スレッドを見つけた友人から聞いたと、Wainwrightさんご本人登場。Wainwrightさんは自分の名が冠されたビルがあることなど露知らず。で、Amazon社員がビルに掲げられている説明書きの写真を提供。さらに微笑ましいことに、このWainwrightさんは、その買った本だけでなく箱に入っていたパッケージスリップを未だにきちんと持っていて、求めに応じ写真まで載せてくれました。しかも社員によると、そのときには手元に在庫があったわけではなく、Jeff Bezos自らローカルの本屋で買って発送したらしいです。

成功してあまりにも大きくなると想像しがたいですが、当然ながら最初は普通にスタートアップだったわけで。

Amazonは今では本だけでなく世界中で一日にものすごい数のオーダーをさばくんでしょうが、こういうことをきちんと刻んでおくとは素晴らしいと思いました。また買った人もすごいですよ。これこそアーリーアダプター。いろいろなレベルでお互いのリスペクトを感じますねぇ。

規模の大小とは関係なく、最初のお客さんを称えてちょっとしたことをし、それを社員でわかちあうっていうのは、どのスタートアップでも取り入れられるカルチャー形成のよいアイディアではなのではないでしょうか。

では今日はこの辺で。

 

 

 

 

Leave a comment

XHTML - You can use:<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>